ogawa[小川テント]の買取販売ならリユースショップ キミドリまで/LINE査定実施中

アウトドア

岡山倉敷でリサイクルショップをしてます。

リユースショップ キミドリです。

今回、ご紹介するのは

ogawa[小川テント]

です。

◆History&Product features

始まりは1914年、東京都京橋区八丁堀、今の中央区八丁堀に開業した「小川治兵衛商店」。もともとは日本軍相手の商売が主で、ザックやテントを製作してました。翌年には「小川工業株式会社」に社名変更。2度の大戦を経た’46年、「小川テント株式会社」を月島に設立し、事業拡大を続け、分社化や統合ののち、キャンパルジャパン株式会社「ogawa」になりました。

どこの国でも軍用とされる条件は厳しいもの。圧倒的に丈夫なテントの原点は、軍への供給があったからこそだそうです。

しかも、第二次大戦後はヨーロッパやアメリカの軍隊相手にビジネス。強度と居住性が認められ、ベースキャンプにogawaのテントが使われたのです。敗戦直後の日本にキャンプを楽しむ余裕なく、当分は国外向けの展開が続きました。

1950年代のヨーロッパはオートキャンプブーム真っ只中。現地視察した際にはその盛り上がりを目の当たりにし、日本にも必ず熱波が来ると確信。1961年に初の国内向け民生モデル「オーナーロッジ第1号」をリリースしました。欧州のスタンダードであったロッジ型テントを日本仕様にアレンジ。気候や風土に合わせた設計で、非常に画期的。フレーム構造も計算されており、とても強くしなやか。国内で一般的だった三角テントより、広さと安定性だって段違いに上質なものを作りあげました。

80年代に入るとオートキャンプブームが到来し自社製品だけでなく、数多くのブランドのOEMまで担当。アウトドアカルチャー浸透の一助となりました。また、大阪万博をはじめ、さまざまなイベントでogawaのテントや技術が採用され、東京ドームの天井の内張りを手掛けたのも、当時の小川テントです。

そのブランド力は、100年つづく歴史ある製品クオリティであり、それは『信頼』の証 。

安心で快適なアウトドアライフを約束してくれます。

◆Products

⁃ テント

⁃ シェルター

⁃ シート・マット

⁃ シュラフ

⁃ テーブル

⁃ チェア

⁃ ストーブ

*ogawa[小川テント]公式ホームページより抜粋しています。

◆ ogawa[小川テント]の買取販売

リユースショップ キミドリでは、

ogawa[小川テント]の買取販売

をしています。

売りたい方、欲しい方。

ぜひ、リユースショップ キミドリまでご連絡ください。おまちしています^_^

関連記事

月ごとの記事検索

最近の記事

  1. ヴィンテージトランクを買取させて頂きました。松島店にて販売中です。

  2. 244回/遠藤と健康診断と花火

  3. 243回/耳鳴り