電子楽器の買取販売ならリユースショップ キミドリまで/LINE査定してますよ

楽器

電子楽器の買取販売ならリユースショップ キミドリにおまかせを

こんにちは。

岡山倉敷でリサイクルショップをしてます。

リユースショップ キミドリです。

今回、ご紹介するのは

電子楽器

です。

電子楽器(でんしがっき)とは、電子回路によって低周波の波形信号を作り出す楽器です。

電子回路により、音の3要素である音程・音量・音色を制御することができます。音色を得る方式としては周期パルス列をフィルタリングすることで音色を得る減算方式、オルガンのように正弦波により倍音を合成する加算方式、FM音源などに代表される変調方式、録音した波形などをメモリに蓄えておき音程ごと再生するPCM方式など幾つかの方式があります。PCM音源の登場で、ありとあらゆる音が楽器に出来るようになりました。PCM音源における電子的なメモリの増加は、飛躍的に音色の質を向上させ、多種多様な音色の作成を可能にしました。1990年代までは音源として専用のカスタムICを使用したハードウェア・シンセサイザーが主流だったが、2000年代後半からはPCの性能向上によりソフトウェア・シンセサイザーが主流になって行きました。

昨年には国立科学博物館では、

テルミンからボーカロイドまで! 電子楽器の歴史を紐解く「電子楽器100年展」

が開催されました。

どんな内容かというと、テルミンからボーカロイドまでの電子楽器について。抜粋してみると↓

1920年にロシアのレフ・テルミン博士により発明された「テルミン」。

世界初の電子楽器と言われるこの楽器が登場して100年の間に電子楽器は技術的な革新を重ねてきました。

とりわけ我が国が世界的なリーダーシップの役割を果たし、電子楽器が単に技術的な進化だけでなく、芸術や文化に大きな影響を与えてきたことは明らかです。

だそうです。

奥深い、電子楽器。

少し古い資料ですが、北口二郎氏が書かれたレポート。

電子楽器の技術発展の系統化調査

には、歴史から電子楽器の構造など書かれており読み応えがありますよ。(下線部をクリックしてみてね)

リユースショップ キミドリでは、

電子楽器の買取販売

を行なっています。

• エレクトーン(商標)

• ドリマトーン(商標)

• テクニトーン(商標)

• ビクトロン(商標)

• ハモンドオルガン(本来は電気楽器:商標)

• ミュージック・アトリエ(商標)

• 電子ピアノ

• シンセサイザー

• アナログシンセサイザー

• モーグ・シンセサイザー

• アープ

• デジタルシンセサイザー

• ミュージックワークステーション

• シンセベース

• ギターシンセサイザー

• ウインドシンセサイザー(ブレス・コントローラ)

• リリコン(商標)

• EWI(エレクトロニック・ウインド・インストゥルメント:商標)

• WX(ウィンドMIDIコントローラー:商標)

• サンプラー

• ドラムマシン

• ミュージックシーケンサー

• テルミン

• オンド・マルトノ

• キーボード(鍵盤)

• 音源モジュール(トーン・ジェネレータ)

などなと。

自宅に眠っている、電子楽器ありませんか??

査定にだしてみませんか??

お待ちしてます^_^取扱商品

LINE査定やってます!買取のキミドリ!

君に必要のないモノでも世界の どこかで必要とされるモノがある

あなたの不要を誰かの必要にします。使わなくなったモノ。買 取します。大きい物でも取り扱いしますのでお気軽にご相談下さい。

友だち追加

買取のキミドリ公式LINEアカウントです。通常のLINEと同じ 1:1トークなので他の方に内容を見られる事はありません。

画像や詳細を送って頂くだけでスタッフが確認後LINEにて返 信させて頂きます。

パソコンからご覧のお客様は上記QRをスマートフォン等で読 み込んで下さい。


■買取のキミドリは取扱商品の種類が豊富です。

主要な取扱商品はコチラからご確認頂けます。

転勤や卒業で引越をされる際に家の中の物を一括見積させて頂きます!


■実店舗があるからこのその安心を。配達スタッフも全員が自社スタッフです。


■大きい物でも大丈夫。大きい物がある場合は2名以上でお伺いさせて頂きます。


■買取のキミドリは完全予約制。お約束した日に伺います。


■複写式の買取台帳でお客様に必ず控えをお渡しします。


関連記事

この記事へのコメントはありません。

月ごとの記事検索

最近の記事

  1. ヴィンテージトランクを買取させて頂きました。松島店にて販売中です。

  2. 244回/遠藤と健康診断と花火

  3. 243回/耳鳴り