電子ドラムの買取販売ならリユースショップ キミドリまで/LINE査定してますよ

NO IMAGE

電子ドラムの買取販売ならリユースショップ キミドリにおまかせを

こんにちは。

岡山倉敷でリサイクルショップをしてます。

リユースショップ キミドリです。

今回、ご紹介するのは

電子ドラム

です。

電子ドラムの歴史

今でこそ、ドラムの音がする「電子ドラム」ですが、初期ではどちらかというと「シンセドラム」の要素が強く、いわゆる「ピューン」とかいう感じのただの電子音という感じ。今の「ナチュラル」なドラムサウンドとは程遠いものでした。しかし、そのサウンドの斬新さが受けて、新たなドラムサウンドとして世間一般に受け入れられていきます。

そのハシリは、1970年代末期アメリカで生まれた「syn-drums」という楽器だったようです。

このサウンドの成功により、80年代に流行する「エレドラ」のサウンドが徐々に浸透していきます。

国内でもいくつかのブランドでこのような「シンセドラム」を開発していたメーカーがあり、OEMでメジャーなドラムメーカーにも供給していたようです。

そしてのちに一世を風靡するイギリスのシモンズ社も、似たような商品SDS 3を開発していたようです。

この独特のサウンドはYMOやCCBなどを筆頭に当時のテクノポップなどで多用され、

これらのシンセドラムの音を多用した音楽が徐々にメジャー化していき、80年代サウンドとして皆さんにも印象が強く残っていると思います。

これが、電子ドラムの初期の形なんですね。

上記、イシバ楽器ドラム専門情報より抜粋しています。詳しく歴史を知りたい方は、チェックしてみてくださいね。コチラをクリック☆

電子ドラムのメリットandデメリット

メリット

・様々なドラムの音色を楽しめる

・メトロノームが内蔵されているので、自由にクリック練習が出来る

・好きな音楽を流しながら叩くことができる

・憧れのドラマーのドラムセットの音色をカスタマイズすることも可能

・ヘッドホンをつけて練習すれば、パッドを叩く音だけを気にすればよい

・アンプから音を出していても、音量を調節できる

デメリット

・パッドであるため、レスポンスが強すぎる

・パットが小さいのでセッティングがコンパクトになりすぎる

・本来のドラムの音の出し方がわからなくなってしまう(ゴムパッドに慣れるとドラムセットで叩くとき、思うように叩けなくなる。リバウンドが上手く取れない)

などなど。

本物のドラムにはかないませんが、メリット&デメリットを理解した上で使うには便利な楽器ですよね。

リユースショップ キミドリでは電子ドラムの買取販売を行っています。

処分を検討中の方、欲しい方、ぜひリユースショップ キミドリにお問い合わせくださいね。

取扱商品

LINE査定やってます!買取のキミドリ!

君に必要のないモノでも世界の どこかで必要とされるモノがある

あなたの不要を誰かの必要にします。使わなくなったモノ。買 取します。大きい物でも取り扱いしますのでお気軽にご相談下さい。

友だち追加

買取のキミドリ公式LINEアカウントです。通常のLINEと同じ 1:1トークなので他の方に内容を見られる事はありません。

画像や詳細を送って頂くだけでスタッフが確認後LINEにて返 信させて頂きます。

パソコンからご覧のお客様は上記QRをスマートフォン等で読 み込んで下さい。


■買取のキミドリは取扱商品の種類が豊富です。

主要な取扱商品はコチラからご確認頂けます。

転勤や卒業で引越をされる際に家の中の物を一括見積させて頂きます!


■実店舗があるからこのその安心を。配達スタッフも全員が自社スタッフです。


■大きい物でも大丈夫。大きい物がある場合は2名以上でお伺いさせて頂きます。


■買取のキミドリは完全予約制。お約束した日に伺います。


■複写式の買取台帳でお客様に必ず控えをお渡しします。