三線の買取販売ならリユースショップ キミドリまで/LINE査定してますよ。

三線の買取販売ならリユースショップ キミドリにおまかせを

こんにちは。

岡山倉敷でリサイクルショップをしてます。

リユースショップ キミドリです。

今回、ご紹介するのは

三線(さんしん)

です。

三線の歴史

琉球の歴史と文化に育まれた伝統楽器。 600年の永きにわたって人々に寄り添い、 心の音を奏で続けてきた三線の足跡をたどってみましょう。

三線の伝来

沖縄はかつて琉球と呼ばれていました。東シナ海の中心に位置していた琉球列島はその地理的特性を生かし、東アジア周辺の国々と古くから盛んに交易を行っていました。独立国家として栄えていた琉球王国に14世紀末、中国福建の閩江(ビンコウ)下流の住民である閩人(ビンジン)三十六姓によって三線の原型となる三絃(サンスェン)が持ち込まれました。15世紀になると当時の王・尚真(ショウシン)により士族の教養の一つとして奨励されるようになりました。その後琉球から大和(堺)に伝えられ、三味線として普及していったと言われています。

琉球での発展

琉球王国は17世紀初頭、三線を宮廷楽器として正式に採用し、歓待などの行事に使用するようになりました。同時に、三線製作者である三線打や、三線打を管轄する役人・三線主取(サンシンヌシドゥイ)などの役職を設けることで、卓越した名工を育て、優れた楽器を生み出してきました。この頃から琉球では組踊(クミウドゥイ)などに代表される歌舞芸能が盛んになり、三線も宮廷音楽における主要な楽器としての地位を確立することになりました。

近代における普及

三線の担い手であった士族たちは、1879年の廃藩置県により、その地位を失うことになりました。地方に下った士族たちから、三線は庶民へと伝わり、やがて村の祭事や村芝居などで用いられるようになり、広く普及していきました。

琉球の宝として今も

1945年、激しい沖縄戦により多くの尊い人命と有形無形の文化財が失われました。琉球政府時代の1955年、名器とされていた三線3挺がいち早く特別重要文化財に、1958年までにその他の名器8挺も重要文化財として指定され、1972年の本土復帰に伴い沖縄県指定有形文化財になりました。1995年にはさらに9挺が追加され、現在では20挺の三線が工芸品として指定されています。そして2012年、三線は26番目の沖縄県伝統工芸製品に指定されました。今日三線は、世界遺産に登録された組踊や琉球古典音楽、琉球歌劇や民謡、民俗芸能、ポップスなど様々な音楽シーンで用いられ、その素朴な音色は多くの人々を魅了しています。

三線の魅力

三線を愛してやまなかった沖縄の人々。 今も伝わる逸話の数々からは、三線が楽器としての価値を超え、 沖縄の文化の中で特別な意味を持って人々と関わってきたことがうかがえます。

名器の音色は海を越えて!?

昔、本部備瀬(モトブビセ)に住むある男が名器と呼ばれる三線を持って毛遊び(モーアシビ)(若者が野原で歌い、踊り遊ぶ夜会)に出掛けたところ、三線を取り替えられてしまいました。残念に思っていると3kmも離れた伊江島の方向から海を越え、聞き覚えのある三線の音色が聞こえてきました。早速、島にわたり方々訪ね歩いたところ、「あまりにもその三線の音色が良いので、つい悪気をおこして拝借してしまった」という人がおり、詫びて返してくれました。

豊かさのシンボルとして

昔の沖縄において高価な蛇皮張りの三線を持っていることは、その家庭が裕福だということの象徴でもありました。門扉がなく、風通しのため雨戸をあけておくことも多かった琉球家屋。屋敷の床の間に三線を飾ることは、外を歩く人や招き入れたお客に自らのステータスを示すことを意味していました。古い文献には「米30俵と交換」「馬1頭と交換」「田畑と交換」など、沖縄の人々の三線への強い愛着を感じさせられる記述も多く残されています。

工芸品としての魅力

三線の魅力を語る時、美術工芸品としての価値も忘れてはいけない大切な要素の一つです。

熱心な三線愛好家の中には、三線のその美しい形状に対してまるで女性を愛でるように「ちゅらかーぎー(美人)」と形容する人も少なくありません。三線を漆塗りの箱に納め「飾り三線」と称し、たとえ弾けなくても持っていることに意味があったとされている時代もありました。また、床の間に三線2挺を飾る「夫婦三線(ミートゥサンシン)」を持つ事は縁起が良いとされています。参考文献/『三線のはなし』宜保榮治郎 著

上記、沖縄県三線製作事業協同組合より抜粋してます。詳しく知りたい方は下線部をクリックしてみてくださいね。

三線について知りたいならコレ

沖縄三線INFO

愛知県生まれの東京在住。

普段は会社経営者。

ギター歴は20年超。Zemaitisを持ちながらHard Rockに勤しんできたけれど、ある日突然三線に転身。

三線歴はまだ数年。

与那城型と江戸与那城型と真壁型を保有。

琉球國民謡協会系の教室で沖縄民謡を習い、琉球古典野村流で琉球古典を習っています。

この方の沖縄三線INFOは

初心者はどんな三線を買ったらいいんだろう?

二本目の三線はどんなものがいいのかな?

有名な三線作者は誰?などなど、

調べた限りの情報を提供されており、三線について、わかりやすく解説していて、オススメです。

上記、沖縄三線INFOより抜粋してます。詳しく知りたい方は、下線部をクリックしてみてくださいね。

リユースショップ キミドリでは

三線の買取販売

を行なっています。

売りたい方、欲しい方。

ぜひ、リユースショップキミドリまでお問い合わせ下さいね。

取扱商品

LINE査定やってます!買取のキミドリ!

君に必要のないモノでも世界の どこかで必要とされるモノがある

あなたの不要を誰かの必要にします。使わなくなったモノ。買 取します。大きい物でも取り扱いしますのでお気軽にご相談下さい。

友だち追加

買取のキミドリ公式LINEアカウントです。通常のLINEと同じ 1:1トークなので他の方に内容を見られる事はありません。

画像や詳細を送って頂くだけでスタッフが確認後LINEにて返 信させて頂きます。

パソコンからご覧のお客様は上記QRをスマートフォン等で読 み込んで下さい。


■買取のキミドリは取扱商品の種類が豊富です。

主要な取扱商品はコチラからご確認頂けます。

転勤や卒業で引越をされる際に家の中の物を一括見積させて頂きます!


■実店舗があるからこのその安心を。配達スタッフも全員が自社スタッフです。


■大きい物でも大丈夫。大きい物がある場合は2名以上でお伺いさせて頂きます。


■買取のキミドリは完全予約制。お約束した日に伺います。


■複写式の買取台帳でお客様に必ず控えをお渡しします。


■LIFESTYLEGALLERY

ライフスタイルギャラリーではリユースショップ「キミドリ」や工具専門店「プルプッシュツール」をはじめ様々なサービスを展開しております。


■キミドリLINE

気になる商品や金額のお問合せ、ライフスタイルギャラリーへのご質問などお気軽にお問合せ下さい。LINEお友達限定の新入荷商品やイベント情報なども配信しますので楽しみにしていてください。


■買取のキミドリLINE

CMでおなじみ。買取専用のLINEとなります。画像や情報を送って頂くだけで簡単に査定が行えます。お気軽にご利用下さい。出張買取のお問い合わせこちらから可能です。


 

下記お問合せフォームからでもお問合せ頂けます。



コメントを残す