フミヤの世界会議「お皿一枚からはじめよう。」

 

こんにちはフミヤです。

お皿一枚からはじめよう。

 

どういうことかというと生活スタイルも日々同じ椅子に座り同じテーブルを使い同じ食器を使う。

などなどこういった毎日同じものを見ているとどうしても飽きたな~と感じてしまう瞬間ってあるかと思います。

僕が飽き性なのもありますが、家で過ごす事が圧倒的に増えていたご時世だったからこそ変化を求めている方は多いんじゃないでしょうか??

 

よし!じゃー飽きたから家具一新しよう!とか前から探してたり目的があればいいですが、いきなり思い立って行動はなかなか出来ないですよね…

物によってはコストもかかるし…

 

そんなちょっとの変化でもいいから楽しみたい方。

 

よかったら食器こだわってみませんか??

お好きなブランドがあってそれだけしか買わないって方は合わせ方として参考にして頂きたいです。

 

僕はこの会社に入る前、食器は使い勝手や機能的重視でどんなデザインしてるとかはそこまで興味がありませんでした。

モノに触れるって大切なことです。

食わず嫌いって大切です。

気付いたら家の食器棚は古いガラスと繊細な格子の扉がついた水屋箪笥。

食器は備前焼や沖縄の焼き物やビンテージのシンプルなプレート、買う事がなかったであろうカップ&ソーサーなど

”使いたいモノ”が家にある暮らしをしています。

この会社に入るスタッフみんな”使いたいモノ”が自宅の中で必ず何かしら溢れていると思います。

でもこれは最初から全部欲しいものを揃えてできたものではなく”このお皿一枚買ってみよう”から始まっています。

キミドリのお店はお手頃な品物も含めとにかく豊富な品揃え。

何かしらどのお客様にもハマるものってあるんじゃないかと。

 

中でも僕が特にどっぷりハマっているのは古食器。

古食器といっても色々なので写真で伝わってもらえたらと思います。

こういう感じとか、

こういう系統で、

あとこんな感じも。

なにが良いってデザインと質感です。

一枚目の印判皿はめちゃくちゃ好きですね。

使う使わないもう関係なく家には30枚程あるかと思います。

これでも古食器好きとしては少ない方なのかもしれません。同じサイズそんなにあってどうするの??

って思うかもしれませんが、一枚一枚印判のズレやデザインや色使いといったそれぞれの良さがあります。

それを他の食器などと合わせておかずなどを盛り付けて食べるだけで日常に変化が出ます。

ぶっちゃけコンビニやスーパーのお惣菜を盛り付けるだけでもOKです。

小さい変化かもしれないし、大きい変化かもしれません。感じ取り方はいろいろですが、必ず楽しみになる事には変わりないです。

 

ひと手間惜しんでみてください。

 

他にも食器を食器として使う必要はないと思っています。

例えば、小鉢や湯呑などは小ぶりな観葉植物の鉢として活用するのもありです。

古食器なんで気兼ねなく使えそうですよね。

もちろん販売しているモノはしっかり綺麗にして販売しておりますので!

あとは、中皿やなます皿なんかは玄関先で鍵置きにしてもいいですし、お店だとショップカードとか入れてると結構映えますよ。

 

お皿=料理という概念から飛び出せば面白い使い方が色々と見えてきます。

キミドリだからこそ与えられる付加価値がそこにあると信じています。

こういった見ただけでは一定の価値しか伝えられないものなどに面白さを加えた内容をもっと伝えていきたいなと最近は強く思いますね。

 

よかったらお皿一枚からはじめてみて下さい。

ではこのへんで。