ジョージナカシマの家具買取販売ならリユースショップキミドリまで/USDデザイナーズ家具取扱ています

ジョージナカシマの家具買取販売ならリユースショップ キミドリにおまかせを

こんにちは。

岡山倉敷でリサイクルショップをしてます。

リユースショップ キミドリです。

今回、ご紹介するのは

ジョージナカシマ

です。

ジョージナカシマはワシントン州のシアトルで育ち、ワシントン大学で森林学を二年間学んだ後、建築学を二年間学び、ハーバード大学大学院でデザインの勉強をするために奨学金を得ましたが、バウハウスを嫌い、マサチューセッツ工科大学へ転校、建築学修士号を取得しました。

卒業後は、世界一周の旅(アメリカが大恐慌の時代)に出て、パリなどを訪れました。その途中の戦前の日本で、父の友人の紹介でチェコ人の建築家アントニン・レーモンドの設計事務所に席をおき、建築設計の仕事をしていました。日本建築士の草分け時代の事で、当時の同僚には前川國男や吉村順三などが、後輩には丹下健三もいたようです。その後インドなどを歴訪し、「木匠」としての精神的な基礎部分を形成する、貴重な体験を数多くしたようです。アメリカに戻ると、第二次世界大戦のため日系人として収容所に収監され苦労しましたが、そこで知り合った家具職人に家具の作り方を教わったようです。

戦後、米国に帰国したレーモンドを頼ってニューホープに移り住み、家具製作を始めました。アメリカでは1952年建築学会のゴールドメダルを受けるなど、早くから認められた作品はスミソニアン博物館、シカゴ美術館などにあり、1986年にはメトロポリタン美術館ジャパンギャリーの一室の家具をすべてひとりで製作しました。日本でも東京国立近代美術館、東京都現代美術館などに作品が置かれており、文字通り世界的に知られた木工家具作家で、木工家としてパイオニア的な存在の一人です。

木の自然そのままの美しさを家具へ

ジョージ ナカシマの代表作「コノイドチェア」をはじめ、椅子17種以上、ベンチ、ロングチェア、コノイドデスク、コノイドダイニングテーブルなど20種以上、オダキュウキャビネットやウォールケースなど収納家具が6種以上、そしてミングレンアンドンやデスクランプの照明、指物の小物入れなど数多くの代表作が揃っています。厳選した銘木を使用し、ジョージ ナカシマ手書きの設計図から製作した家具たち。娘であるミラ・ナカシマが守り続ける、米国ペンシルヴェニア州ニューホープのアトリエと桜製作所の二ケ所のみが、ジョージ ナカシマの家具を作り続けています。

上記、桜製作所ホームページより抜粋しています。(*詳しく知りたい方は下線部をクリックしてみてくださいね)

リユースショップ キミドリでは

ジョージナカシマの家具買取販売

をしています。

売りたい方、欲しい方。

ぜひ、リユースショップ キミドリまでご連絡ください。おまちしています^_^

取扱商品

LINE査定やってます!買取のキミドリ!

君に必要のないモノでも世界の どこかで必要とされるモノがある

あなたの不要を誰かの必要にします。使わなくなったモノ。買 取します。大きい物でも取り扱いしますのでお気軽にご相談下さい。

友だち追加

買取のキミドリ公式LINEアカウントです。通常のLINEと同じ 1:1トークなので他の方に内容を見られる事はありません。

画像や詳細を送って頂くだけでスタッフが確認後LINEにて返 信させて頂きます。

パソコンからご覧のお客様は上記QRをスマートフォン等で読 み込んで下さい。


■買取のキミドリは取扱商品の種類が豊富です。

主要な取扱商品はコチラからご確認頂けます。

転勤や卒業で引越をされる際に家の中の物を一括見積させて頂きます!


■実店舗があるからこのその安心を。配達スタッフも全員が自社スタッフです。


■大きい物でも大丈夫。大きい物がある場合は2名以上でお伺いさせて頂きます。


■買取のキミドリは完全予約制。お約束した日に伺います。


■複写式の買取台帳でお客様に必ず控えをお渡しします。


■LIFESTYLEGALLERY

ライフスタイルギャラリーではリユースショップ「キミドリ」や工具専門店「プルプッシュツール」をはじめ様々なサービスを展開しております。


■キミドリLINE

気になる商品や金額のお問合せ、ライフスタイルギャラリーへのご質問などお気軽にお問合せ下さい。LINEお友達限定の新入荷商品やイベント情報なども配信しますので楽しみにしていてください。


■買取のキミドリLINE

CMでおなじみ。買取専用のLINEとなります。画像や情報を送って頂くだけで簡単に査定が行えます。お気軽にご利用下さい。出張買取のお問い合わせこちらから可能です。


 

下記お問合せフォームからでもお問合せ頂けます。



コメントを残す