SINGER社 レトロ足踏みミシンを買取させて頂きました。キミドリ広瀬町店にて販売中です。

手を動かすのって好きですか?

私はモノづくりは好きな方なんですが、働く現代人をやってるとなかなか時間と労力が賄えず…。

中でも時間労力場所などでハードル高めな洋裁。趣味の一つなんですがもうウン年、巾着すらも作っておりません。

店内を見まわしてみると、心躍るものがあったのでご紹介します。

懐かしい足踏みミシン。

今でもミシンの代表メーカーであるシンガー社のものです。

傍にあるネオンのライトが落ちて、なんだかサイバーな色味になってしまったのは反省しています。

 

オブジェとしてのジャンク品や、脚のみの品は時々入荷するんですが

こちらは動きます。偉い。何十年働いているんだろう。

この板を上げて

ここを引っ張って

手前の板を降ろして

こうじゃ。スゴイ。

 

 

ベルトが切れてしまっていて、ここだけ購入が必要ですが、あとは油を差せばスイスイいきそうです。

こんなにいい味でちゃってる古い品が動くのが何か嬉しくて足踏みのところを踏みまくってしまいました。踏み慣れるまで逆回転しちゃうんですよねこれ。

昔足踏みを使用していた筆者、テンションが上がって参りました。

パーツそれぞれにも柄や彫りが入っていて、逐一かわいい。とにかく美しい。

写真がいつもより多めですが、魅力ムンムンで捨てる写真がなかったんです。

良く見ると和洋折衷な柄で面白いです。ストーリー性がありそうな…。

他にもさまざまなメーカーの鉄脚が存在しますが、シンガーが一番かわいい。と信じて疑いません。

たゆたうような網目が本当に素敵です。

この脚はリメイク家具のパーツとしても人気があるくらい。昔の物って凝ってますよね。

引き出しを開けてみるとボビン、ボビンケースに糸巻。奥のごちゃごちゃは様々は抑え金。

まっすぐ縫いしかできない脚踏みミシンでも、この付け替えで様々な事が可能になります。

元の所有者は裁縫名人だったかも。本格派の方にもおすすめできます。

 

インテリアとしても、とても素敵で存在感もある品ですが、ぜひ動かしてあげて欲しい所。

こういう品をずっと、きちんと、お手入れして、使い続ける事に憧れます。

 

暮らしを彩る逸品です。

 

SINGER社 足踏みミシン

¥30,800 TAX IN(本体価格28,000円)

コメントを残す