さようならDaftPunk

こんばんわ

先月末の事です

フランスのテクノユニット

Daft Punkが解散したというニュースが飛び込んできました

常にフルフェイスを被り

ロボットという設定なんか

本当にロボットなんかわかりませんが

数々の名曲を世に出した

世界的なアーティストなのは間違いありません

神です

Daft Punkを初めて聞いた青年期の僕は

実家の部屋でヘッドホンで大音量でずっと聞いてました

音漏れで兄ちゃんに怒られた記憶があります

懐かしいわ

今もヘッドホン大音量で聴きながら書いてます

変わってないな

もう一つ思い出しました

キミドリの後輩でチェリ男と呼んでた奴がいました

彼はDJをしていたので音楽に造詣が深い子でした

彼の車に乗った時の会話です

チェ:安東さん、音楽何が好きですか?何聞きたいですか?

ボク:何でもいいよ

チェ:多分言ってくれたんは全部あると思うんで1番好きなん言ってくださいよ

ボク:ほんじゃDaft PunkのDigital Loveが聞きたい

チェ:マジっすか⁉︎俺もめっちゃ好きなんですよ!

ボク:あれええよなー

チェ:ボクあの曲は2番目に好きなんですよ!!!!!!!!!

ボク:。。。。

以上です

2番かえ

僕は気が合うな!って喜んでええんか?

今思えばDJやってるやつの2番って凄い上やんって思うんですが

当時の現場では1番聞いて欲しいオーラがプンプンやったんで

あえて聞きませんでした

俺はそーいう意地悪なとこあるぞチェリ男


話を戻しますが

Daft Punk解散は僕にとっては

そこそこ悲しい出来事なんです

死ぬまでに生でライブでアリーナで

聴いてみたかった

今となっては叶わぬ夢になってしまった

人間歳をとると

できる事やしたい事が狭まってきます

自己要因と外部要因のコンボです

恥も外聞もかなぐり捨てて

体裁なんてゴミ箱に捨てて

やりたい事をやりましょう

Daft Punkさん28年間お疲れ様でした

皆さんも是非聞いてみて下さい

今も聞いてますが 古い曲のはずなんですが

全然古くない

名曲は色褪せないのお手本の様な感じ

色褪せて逆にカッコいいソファが入荷してたので

こちらも店に並ぶのが楽しみ

噂のステマでございます

おやすみなさい

コメントを残す