ステイホームの代償

こんばんわ

コロナで緊急事態宣言発令

家時間が長くなると

どうしても気が滅入ってしまいます

ネガティブに捉えてしまいがちな現状ですが

何かポジティブ要素がないものかと

今日一日を振り返りましたら

一つだけありました

あまりの暇さに

YouTubeを垂れ流してみていたら

なんの動画か忘れましたが

空に風船を放つ動画が出てきました

その瞬間

脳内にフラッシュバックが起きました

回想します


僕が小学校3、4年生の時に

通っていた小学校が

創立何年か忘れましたが

アニバーサリー的な時期でした

そのイベントの一環で

全校生徒がグラウンドに集まり

ガス入りの風船を空に放つという催しがありました

各々が手紙を認めて 風船に取り付け

一斉に空に放つ

1000個近い色とりどりの風船が空に放たれる景観は

圧巻で今でもはっきり覚えています

手紙の内容なんですが

テーマは自由

僕は当時

プロ野球チーム 西武ライオンズの

清原和博にぞっこんでした

清原選手に届けと汚い字を書いて

風船を飛ばしました

それから数日後

クラスのHRで先生から

僕の風船宛に連絡がきたとの報告がありました

風船は大阪からなんと山梨県まで飛び

葡萄園に落下していたそうです

その果樹園を営んでいたおじさんが

この子の夢を叶えてあげたいと

球団に直談判してくださり

僕と清原選手を会わせてあげたいと伝えてくださいました

結果はダメでした

当時 清原は超絶スーパースター

今で言うなら

星野源と新垣結衣の結婚式に

僕を参加させてくれというてる様なもんですよ

そりゃ無理ですよね

このおじさんは

有君、申し訳ないですと

手紙と緑色の葡萄を送ってくれました

その葡萄の味は今でも忘れられません

10歳前後の未熟な自分でしたが

人の暖かさを感じた瞬間です

その後は何度か文通しましたが

手紙の返事がくるその度に

緑色の葡萄やら桃やらを送ってくれました

僕は清原以上の

山梨のおじさんという素敵な出会いを味わい

奇跡を味わったのでした

いかがでしょうか

嘘やと思いませんか?

実は

ホントの話なんです

コロナに唯一感謝する

コレを思い出させてくれた事

僕にキッズから風船が届いた時には

絶対願いを叶えてあげたいと思います

1つ嘘があります

緑色の葡萄の味は

全く覚えていません

けどきっと

美味かったでしょう

The only taste

コロナ早く無くなりますように

コメントを残す