岡山、倉敷でピストバイクの買取ならリサイクルショップライフトキミドリ

岡山、倉敷でピストバイクの買取ならリサイクルショップライフトキミドリ。出張見積、出張買取対応致します。

トラックレーサーやピストバイクとも呼ばれトラックレースに使用される競技用の自転車のことです。見た目、構造などはロードバイクととても似ているところが多いです。そんな中、特にピストバイクの大きな特徴は3つあります。

単速ギヤ

シングルスピードと呼ばれることもあり変速機がない自転車。BMXやビーチクルーザー、安価なシティサイクルなどもシングルスピードの仲間です。

固定ギヤ

FIXEDGEARとも呼ばれ三輪車と同じようにペダルを逆に回せばバックもできてしまうと言うようにギヤが空回りしなく固定されてるのです。そのかわり坂道とかで普通の自転車みたく足をとめて下ることができず、ペダルを常に回し続けないといけないのです。

ピストの魅力

ピストには固定ギヤ特有の持ち味があり、ペダルを踏んだ力がほぼそのまま車輪に伝わるので、とてもダイレクトな踏み味があります。ロードバイクなどでは味わえない感覚です。その操作性の面白さからBMXのトリック的な要素もありなおかつ移動手段としても使えスピードが出るというところもピストの魅力の一つでしょう。公園とかでピストの練習しているのを見かけたことありますよね?まさにトリックの練習です。

パーツなどの種類、色などが豊富でバイクに比べると安く購入でき、手軽にカスタマイズできるところも流行のポイントでしょう。免許もいらないで軽いギヤ比でも30~40km/hでるんですから原付顔負けですね。

ピストはもともと競輪選手がトラック競技に使われている自転車です。競技用なので重量は7~8kgと非常に軽く、速く走れてシンプルな作りため壊れにくくメンテナンスがしやすいとなどからニューヨークのメッセンジャーがピストを利用しはじめた理由の一つでもあります。それから今では町で乗っている人も増えてきました。

出典ピストバイクについて | ピストバイク初心者総合サイト【Fixed Style】

ピストバイクはこんな人におすすめ!

◎タウンサイクル(街乗り)メインで、主に短距離を移動する事が多い人!

◎自転車もファッションの一部!と考えてる人!

◎色々と自分色にカスタムしたい人!

ピストは危険。道路交通法違反の対象に!さらに罰金も!!

アメリカの若者を中心に海外で流行したピスト。

ピストは、ブレーキが備わっていない競技用の自転車で、主に競輪などの競技に使われています。そのピストが、2012年を境目に、国内でも流行。現在でも国内の若者が多く使用し、街中で見かける機会も増えてきました。

ピストの原理は、通常の自転車とは異なり、“ペダルを踏む”ことでブレーキの働きをします。こういったタイプの自転車(ピスト)は道路交通法違反の対象になり、状況に応じて罰金が科せられることがあります。

その理由として、“前後輪のブレーキが備わっていない自転車”は公道を走ってはいけない規則となっているからです。公道を走った場合には5万円以下の罰金となります。

しかし、販売する側を取り締まる法律はなく、実際には誰でも購入することが可能なのです。現実問題として、走行しているピストを警察が現行犯で指摘するのが精いっぱいです。

毎日新聞2013年1月12日の記事によると、2010年に661件、2011年は1023件のピストが道路交通法違反で処罰されています。しかし、これはごく一部の例で、町中にはもっと多くのピストが走っているのは間違いありません。

 決して、軽視できる問題でないことは理解いただけるはずです。当然ながら「走る場所」や「管理方法」など多くのルールを守る義務があります。道路交通法や規制といった法律で取り締まられているからではなく、人としてのモラルと責任感が前提になります。

自転車事故が増えている昨今です。ピストだけではなく、すべての自転車に乗る人が乗車マナーは考えて欲しい問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です