時代を感じる絵柄

こんにちは、ライフとキミドリ野田屋町店のオオタです。

今現在、少し体調がおかしいです。

病気とかそういうのではないのですが、

暑さと寒さを同時に感じるという貴重な経験をしております。

というのも本日のおひるごはん、久しぶりにカップ麺を食べたんですね。

これ。

暑いですし、辛いの食べて元気出そうと。

付属の辛味オイルも全て入れて。

汗をたらしながら、無心で食べました。

ホントに辛かった。

でも、とても美味しかった。

汁まで飲んだ。

結果、変な体調。

これは仕事中に食べるものではありません。

みなさま、食べるなら夕食に。

ちなみに、本場のやつ、

こんなんらしいです。

そりゃ辛いわ。

白ご飯も用意しておけばよかった。

お茶碗とともに。

 

 

お茶碗はいりました。

ステキなお茶碗、昭和レトロ好きな方にはかなりオススメです。

アニメモチーフのお茶碗ですね。

今回のはその作品がとてもシュール。

全部で三つ、順番に紹介しましょう。

ジェッタ―マルス。

いや、アトムじゃん。

と思いましたが、アトムのリメイク的な作品らしい。

ごたごたでアトムの名前は名乗れなかったようですが、

きちんと手塚プロです。

いや、ウランちゃんじゃん。

とか、そういう野暮なことは言わないでおきましょう。

ちなみにこの作品の舞台は2015年らしいです。

もう過ぎとるやないかい。

 

次いきます。

くまの子ジャッキー。

くまという動物のこどもがジャッキーなのか、

くまに育てられたこども、ジャッキーなのか、

よくわからないので調べてみました。

どうやら背中に乗ってるのがジャッキーみたいですね。

ちょっとストーリーを


舞台はアメリカ独立から100年が経った19世紀末期のアメリカカリフォルニアシェラネバダ山脈の一角に高くそびえるタラク山の麓に、インディアンの少年ランが暮らしていた。ある日冬眠から覚めた母熊ピントーを、ランの父ケルヤンが人命救助のため、断腸の思いで射殺する。ピントーには、冬眠中に誕生したジャッキーとジルの2匹の子熊の兄妹がいた。ランはせめてもの償いとしてジャッキーとジルのお母さんになり、2匹を育てようと決意する。子熊と人間との交流を、アメリカの大自然を舞台に描いた動物アニメーション。

Wikipedia


なるほど、ジャッキーは母親を殺されたのね。

ランも複雑な心境なのね。

どおりで、

ジャッキー、瞳に生気がないですし、

ランも笑顔がぎこちない。

ドラマを感じます。

いつかきっと観てみようと思います。

ちなみに反対側のイラストはちゃんと元気です。

瞳、輝いてます。

よかったよかった。

 

次行きます。

かいじゅう。

かいじゅう。

なるほど。

かいじゅう。

ヒント無し。

謎。

そもそももう少しフォントとかどうにかなったでしょう。

かいじゅう。

いや、面白いけども。

と、こんなもんです。

ちょっとおちゃわん買い替えたいなって方、

シュールな気持ちで食事とかどうでしょうか。

気になる方は店頭にてご確認下さいね。

お待ちしております。

では、今回はこの辺で。

★★★

◆野田屋町店Instagramありますよ◆

普段ブログにはアップしないアイテムや、

閉店後の風景、オススメのお店、どうでも良い話題など、イロイロな情報をアップします。

結構どうでも良いこともアップします。

@lifetokimidori_nodayaで検索!

◆スタッフ募集中◆

アルバイトスタッフ募集なう

↑こちら↑の記事をチェック!

◆ライフとキミドリ★ facebookページできました◆

11159999_813014002124723_6668752421455169826_n

https://www.facebook.com/lifestylekimidori?ref=hl

楽しい情報がたくさんですよ。

イイねお願いします!

◆買取のことなら専用フリーダイヤルへ◆

ご自宅にある不用品をリサイクル!

買取なら家電・家具・民芸家具・アンティーク家具・デザイナーズ家具・厨房機器・事務機器・またオーディオ機器や電動工具まで、再販できるものなら何でも買取を行っております。

詳しくは下のページをチェック!!

◆買い取り専用ページ◆

買い取り専用フリーダイヤル TEL:0120-967-803

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です