岡山倉敷でロードバイクの買取はお任せ下さい。

ライフスタイルギャラリーではロードバイクの買取をさせて頂いております。

卒業や転勤の引越で使わなくなる。買換えで不要になる。そんなロードバイクがありましたらお気軽にお問合せ下さい。新品、中古品問わず買取させて頂きます。

ライフスタイルギャラリーでは点検、整備が可能ですので多少の傷や汚れ。またパーツだけでも買取出来る可能性があります。パンクしている場合や多少錆びている場合でもお気軽にご相談下さい。

適正な業者に売って下さい。

ライフスタイルギャラリー及びライフスタイルギャラリーが運営するリサイクルショップ「ライフトキミドリ」は自転車協会登録店ですので、防犯登録の削除やお客様の個人情報などを適正に管理させて頂きます。

弊社に売却されない場合でも適正な業者選びをお願い致します。転売や不法投棄などでお客様が巻き込まれる可能性が無いとは言い切れません。

ロードバイクとは

ロードバイク(英: road bike)は、舗装路を主とした道路での高速走行を目的に設計された自転車である。「ロードレーサー」と呼ばれることもある。ツール・ド・フランスなどの自転車ロードレースで用いられる。

競技用としてのロードバイクの原型が完成したのは1900年代頃と考えられる。当初、ロードレースは土道、トラックレースは陸上競技と共用の踏み固められた土のトラックで行われており、一方に特化した機材は存在せず、双方ともブレーキのない固定ギアの自転車が用いられていた。しかし、ロードレース用の自転車にブレーキが装備されるようになり、トラックレースではそれを禁じたことから双方の機材特化が始まった。ハンドルはセミドロップハンドルに近いものであったが、1910年代に入るとロードレースに適したドロップハンドルが開発された。また、この時代になるとダブルコグと呼ばれる左右で歯数の違うギアを装備した車両が一般的となり、起伏にもある程度対応できるようになった[注釈 1]。しかし、ダブルコグ式は坂に差し掛かるたびに後輪を逆に取り付ける必要があるため交換に時間を要し、また固定に用いられるウィングナットは低温状況下において、かじかんだ手での着脱が困難なものであった。

wikipedia より抜粋。

続きが気になる方はこちらから wikipedia

主要取扱自転車メーカー